ウッドデッキのことならエクステリアにお任せ

何年も楽しめる

ウッドデッキ

土地建物との調和が大切

エクステリアの大きなメリットは、1度つくったら何年も楽しめるということです。千葉では門や門扉は何年も持ちますし、フェンスや壁も毎年違った花で飾り、楽しむことができます。子供が幼い時に遊んだ芝生やデッキは、10年後には夫婦二人の憩いの場になるかもしれません。庭づくりの魅力は、初めに植物を植えた頃よりも何年かたって植物が生長した時に見ごたえがでることです。費用面でも千葉では、新築でもリフォームでもエクステリアの施工は数万〜数十万円、大規模な工事なら数百万円かかることもあります。しかし、エクステリアはショッピングや旅行のように、その時だけ楽しむ一過性のものではないので、初めの投資がその後何年・何十年と楽しめるなら、決して高いものとはいえないでしょう。時間の経過とともに風化し味わいがでるレンガの敷石や、生長して大きく茂った樹木など、風合いを大切にしながらメンテナンスするのもエクステリアの楽しみです。エクステリアは千葉の環境や建物と密接な関わりがあります。例えば家が千葉の広い公道に面していて交通量が激しい場所なら、安全のためにも門のまわりはオープンスタイルより、ある程度フェンスで防御しておいた方がよいでしょう。また、ウッドデッキやサンルームをつくる際にも建物の床の高さが関係します。デザイン面でも純和風の建物にヨーロッパ調のテラスやガーデングッズは似合いません。エクステリアは土地や建物との調和が大切ということを知っておきましょう。